第40回日本口腔腫瘍学会総会・学術術大会

ワークショップ公募

目的

口腔腫瘍治療は日々CQの連続です。本ワークショップは、口腔がん治療のエビデンスを踏まえながら、エビデンスでは証明できない治療のセンス、職人技、さらにはちょっとした治療のポイントなどについて、スペシャリストが若い口腔腫瘍治療医にサジェスチョンし、明日からの診療に役立てることを目的としています。これからの口腔腫瘍医療を担う若い口腔腫瘍治療医のために、ぜひ多くの応募をお待ちしています。

ワークショップについて

  • 1講演時間:15分
  • 事前収録の動画配信を予定

以下の公募ワークショップについて、公募期間を延長します。締め切り:8月19日

  1. 下顎歯肉癌治療を再考する
  2. 口腔扁平上皮癌・咀嚼筋間隙進展の対応
  3. 顎骨原発骨軟部腫瘍2(骨肉腫以外)
  4. 歯原性癌の治療と予後
  5. もう一度エナメル上皮腫の治療を考える
  6. 口腔扁平上皮癌・遠隔転移症例の対応と予後
  7. 前癌病変としての上皮異形成の診断,治療,予後-特にhigh-grade dysplasia-について
  8. 口腔癌手術不能例に対する治療戦略
  9. 小唾液腺原発ACCの10年生存率を上げるために考えること
  10. 再建顎骨上にインプラントは必要か-本当に機能するのか?-
  11. 口腔癌手術に代わる治療modality
  12. 高齢者口腔がん治療における治療法決定因子

指定ワークショップについて
演題登録締め切りは9月20日を予定しています。詳細は指定演者個別に連絡します。

1. 応募資格

筆頭演者、共同演者ともに日本口腔腫瘍学会会員、または入会予定の方に限ります。

2. 応募期間

2021年7月15日(木)<予定>~2021年7月30日(金)まで
2021年8月19日(木)まで

3. 採択案内

8月末に運営事務局より採択、セッション詳細についてご連絡いたします。

送付先:第40回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会
(株式会社インターグループ内)
〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-2-5 共同通信会館4F
TEL:03-5549-6909 E-mail:jsoo40@intergroup.co.jp